校内日記(25年度)

創立記念式典および講演会

最終更新日 [2013年5月27日]  

【日程】 2013年5月10日

 5月10日(金)の1、2時限に、創立記念式典および講演会が行われました。

 

 この創立記念式典は、年に1度、本校の長い歴史を振り返るひとつのきっかけとするために、毎年5月に開催しています。 

 

 

創立記念式典

 創立記念式典では、冨田博之校長が式辞を、同窓会の藤江文雄副会長が祝辞を述べられました。
  

 
   冨田博之校長                 藤江文雄同窓会副会長

 

記念講演会

 続く記念講演会では、本校22回卒業生、(株)ジャパンディスプレイ代表取締役社長の大塚周一先輩にご講演いただきました。

 

 

 講師紹介

 

 演題は、「企業人から嘉穂東高生にエールを送る ~限りない可能性を持った諸君へ、世界を見よう!夢をもとう!~」です。

 

 これまでの国内・海外での仕事・経験を通して学ばれたことを、企業人・国際人として、そして先輩として、私達に熱いメッセージを語っていただきました。

 

  大塚先輩が社長を務める(株)ジャパンディスプレイは、平成24年4月1日に、設立された新しい企業ですが、国際競争に打ち勝つべく、ソニー・東芝・日立といった日本を代表する大企業のディスプレイ会社が統合された会社で、全世界に約2万人の従業員を有する巨大企業です。大塚先輩は、いくつかの国内外の企業を渡り歩きながら、その都度、困難な仕事を成し遂げてこられました。その実績を買われ、今回、ジャパンディスプレイの社長として招かれたということでした。

 

講演をされる大塚周一先輩
 

 講演は、大塚先輩が経験してきた様々な企業での仕事、そして海外で外国人と接するなかで感じた日本人との違いなど多方面にわたる内容で、そうした経験を通して、世界に飛び出すことの必要性を話してくださいました。

 

 最後に、「将来の可能性を広げるという意味で知識は大切で、勉強はしなければならない。しかし、それで成功するとは限らない。本当に大切なのは経験から得られる感性であり、様々な経験をすることが必要」とおっしゃいました。

 

 そして私達には、「マンネリ化はダメ!今までと違うこと、自分自身を変えることを恐れずに向かっていってほしい。君達の将来は真っ白なキャンバス。たくさんの経験をして、どんどん大きな絵を描いてください。」とエールを送ってくださいました。


 

 講演終了後は、生徒代表謝辞、花束贈呈。そして今度は、嘉穂東高校応援団から、大塚先輩にエールを送りました。

 

花束贈呈
 

応援団によるエール


 大塚先輩!お忙しい中、嘉穂東高校のため、後輩のために貴重なお話をありがとうございました。今後の大塚先輩のますますのご活躍を、嘉穂東高校一同、お祈りしております。

 

講演後、校長室にて記念撮影

 

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム