渡部恒明コーナー

   ホーム  >  渡部恒明コーナー  >  渡部恒明氏のプロフィール

渡部恒明氏のプロフィール

最終更新日 [2010年7月20日]  

一人では何もできない。

 

 しかし誰かが始めなければならない。

 

渡部恒明(わたべつねあき) 

 

 

◆嘉穂東高校の偉大なる先輩

 


渡部恒明氏
 1936年4月4日に福岡県飯塚市川津で6人兄弟の3番目として生まれました。

 

 幸袋中学校を卒業後、家業を手伝いながら嘉穂東高校(定時制)に通い、1957年3月に同校を卒業されました。山登りは17歳から始め、在学中も、香春町の香春岳で岩登りの技術を磨いていたそうです。

 

 渡部氏は、嘉穂東高校(定時制)卒業の際、卒業文集『東光』の中で、上記の「一人では何もできない。しかし誰かが始めなければならない。」という言葉を在校生に贈りました。また在学中に、「やまのあしおと」と題した、雪山を舞台とした短編小説も著わしています。高校生の時から、山に対してとても強い想いを持っておられたことがわかります。

 

 高校卒業後は上京して、トラック運転手として働きながら、休日は日本アルプスを目指しました。

 

 

◆マッターホルン北壁を日本人初登頂達成

 


マッターホルン北壁

 

 1965年8月6日、29歳のとき、スイス・アルプス山脈の三大北壁のひとつであるマッターホルン北壁を服部満彦氏と共に日本人初登頂に成功しました。

 

 

◆アイガー北壁で、遭難・墜落死


アイガー北壁


現地で岳友が寄贈したパネル(アイガー)

 マッターホルン北壁の登頂成功から、わずか10日後の1965年8月16日、同じく三大北壁のひとつであるアイガー北壁に、日本人初登頂を目指して高田光政氏とともにアタックしました。

 

 しかし、頂上まであと300mというところで、落石に遭い、先頭の渡部氏は岩に体を強く打ち付けて転落しましたが、2人を結ぶロープで辛うじて止まりました。しかし動けなくなったため、高田氏は渡部氏を残し、救助を求めるため、最も安全な山頂経由で下山しましたが、救助隊が到着した時には、渡部氏は謎の墜死を遂げていました。

 

 なお、高田光政氏は、この時にアイガー北壁日本人初登頂を果たしています。

 

 

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム
福岡県立嘉穂東高等学校
〒820-0003福岡県飯塚市立岩1730-5
Tel:0948-22-0071  Fax:0948-23-8813
Copyright(C)2014 福岡県立嘉穂東高等学校. All rights reserved