平成26年度 英語科 海外語学研修

 

英語科2年生の海外語学研修をアメリカ・ロサンゼルスで行いました。

恵まれた環境の中で、英語や異文化を学び、充実した語学研修となりました。

 

1日目(1月4日)

学校に集合した後、バスで福岡空港に行き、福岡空港から成田空港を経由し、ロサンゼルスに向かいました。

 

             行ってきます!!

 

ロサンゼルス空港は人が多く、入国審査を受けるまでに1時間以上待ちましたが、みんな元気に入国審査を通過しました。

それからバスに1時間半ほど揺られてロサンゼルス郊外のベンチュラという町に行きました。翌日から授業を受ける学校に着くと、ホストファミリーたちが待っていてくれました。

        これからホームステイ…ドキドキ

 

バスの中では寝ていた生徒たちも、見えてきたファミリーたちの姿に大興奮!その後すぐに、それぞれのファミリーと一緒にステイ先に移動していきました。

 

2日目(1月5日)

朝晩は少しひんやりしましたが、快晴で空が澄み渡り、気持ちの良い一日になりました。

 

生徒たちはファミリーに送られて登校しました。慣れない場所での生活が始まりましたが、みんな元気そうで一安心です。

今日は語学学校初日ということで、ベンチュラに住んで11年になるという久保真樹子さんからいろいろなお話をしていただきました。

  

       ベンチュラは美しい町です!

ここベンチュラは、ロサンゼルス空港から1時間15分ほど走ったところにある、のんびりとした雰囲気の、美しい町です。イチゴやカボチャなど、いろいろな農産物も作られています。アメリカの人たちはいろいろ尋ねられることが好きなので、授業でも家庭でもぜひ積極的にいろいろな質問をして、どんどんコミュニケーションをとってほしいとの激励でした。その後、生徒は2つのクラスに分かれて授業をうけ、好きな映画について発表するなどしました。

 

       これからダンスを楽しみます!

 

午後はバスに乗って近くのダンススタジオに。そこで3人の先生に指導してもらってヒップホップダンスにトライ!ちょっと照れながらも、みんな頑張っていました。みんなの頑張りに先生たちもたいへん喜んでくれて、最後はみんなで写真撮影やハグをしてお別れしました。そのあと、ファミリーのお迎えまで少し時間があったので、近くのヨットハーバーへ。海とヨットとヤシの木、そして美しい夕陽。普段は見られない景色に、ダンスの疲れもスッと消えたようでした。

 

         すばらしい夕陽でした!  

3日目(1月6日)

3日目の午前中は英語のレッスンでした。先生の説明や指示がよく理解できずに戸惑う部分もあるようですが、生徒たちはなんとかついていこうと頑張りました!

 

 

                   英語のレッスンの様子

午後は花を植えるポット(鉢)をデコレーションしてオリジナルのものを作りました。これは最終日にホストファミリーへのプレゼントになります。喜んでくれるといいですね!

     もちろん英語の指示を聞きながら作ります

 

本日最後のプログラムはスカベンジャーハントというゲームでした。このゲームでは5人程度のグループに分かれ、「3人の人から名刺をもらってくる」「飲食店で持ち帰り用のメニューを写真に撮らせてもらう」などの25の課題が与えられ、生徒は制限時間内に1つでも多くクリアしなくてはいけません。飲食店やスーパーが集まった広い地域を30分間動き回ってグループで競い合いました。

 

4日目(1月7日)

そろそろ日本食や日本のお風呂が恋しくなってきたころですが、なれない環境の中でみんな頑張っています。

 

午前中は英語のレッスンを受け、その後チャネルアイランドという島が見えるビーチへと行きました。好天のため、ビーチから島をはっきりと見ることができました。生徒達はビーチに着くと早速裸足になり、寄せる波で遊んだりビーチボールで遊んだり…。こちらに来る前「冬なのにビーチ行くんですか?」と、言っていたのがうそのように、カリフォルニアの海で大はしゃぎしていました。

 

            ホストファミリーのお宅を訪問してみました!

生徒がお世話になったホストファミリーはどこも温かく迎えてくださり「すごくいい子達ですよ。私たちも良い時間を過ごしています。」と話してくださいました。生徒達は、ここベンチュラと隣のオックスナードという町を中心にホームステイをしていますが、この辺りの方々は気さくで親切な人ばかり。スーパーなどで勝手が分からず困っていると、すぐに誰かが声をかけてくれます。皆さん口をそろえて「ここは良いところよ!」と言われるのもうなずけます。生徒達にとっても、素敵な思い出の場所になるはずです!

 

5日目(1月8日)

今日も晴れ渡る空の下、ファミリーに送られて生徒達は元気に登校しました。今日の午後はショッピングに行くため、英語のレッスンでは買い物の仕方やお金に関することも学んだのですが、アメリカの紙幣とコイン、特にコインを使っての買い物は、生徒にとってはやはりなかなか難しいことのようでした。

               バスに乗って、ショッピングセンターに出発!


さて、バスに乗ってショッピングセンターに向かい、学んだことの実践です。「??ドル??セント」とレジで言われても、どのコインを何枚出せばいいのかわからず困っていると、手のひらに出してるコインからお店の人が必要な分だけ取ってくれた…こんな感じでなんとかショッピングを楽しんできた生徒もいたようでした。
ショッピングセンターには約150ものお店が立ち並び、敷地内を移動するのも一苦労…。おそらく現地の人たちは車で移動しながらショッピングをするのだろうと思いますが、歩くしか手段のない私たちはたくさん歩いて、いい運動にもなりました。

今日のショッピングは、生徒達が楽しみにしていたプログラムのひとつでした。みんな思い思いに家族や親戚などへのお土産を買い求めていたようです。

 

6日目(1月9日)

今日は、アリエル先生とパメラ先生による最後の授業でした。これまでの授業内容は、午後からのアクティビティと関連したものが多かったのですが、みんなしっかりと活用出来たでしょうか?

 
また、今日まで私たちをお世話してくださったヘザーさんが、家庭の事情でここベンチュラを数日離れることになり、今日はヘザーさんとお別れをしなければなりませんでした。ヘザーさんは、ご主人や子どもさんも含めて家族全員で私たちをお世話して下さいました。プログラムの途中で生徒と別れることを大変残念に感じていらっしゃり、涙を流しながら最後の挨拶をされました。「またいつかカリフォルニアに戻って来ることがあれば、いつでも遠慮なく私の家に来てほしい。」と言ってくださいました。ヘザーさん、本当にありがとうございました!

 

 

                        お別れパーティー


        みんなで校歌を披露しました


夕方からはホストファミリーを招いて、さよならパーティーが行われました。パーティーの後半で、応援団を中心に生徒達は本校の校歌を歌ったり、ファミリーに向けてエールを切ったりして、パーティーを盛りあげました。どのファミリーからも言われたのは「いい子達で、とても楽しかった。少しずつ英語がわかるようになってきているのに、滞在期間が短くて残念だ」ということでした。またいつかベンチュラに戻って、もっと成長した姿を見てもらいたいですね!

7日目(1月10日)

待ちに待ったディズニーランド。なかなか雨が降らないカリフォルニアなのに朝から雨模様…それでも生徒達は元気に走り回って、ディズニーランドを堪能した様子でした!また一つ、アメリカでの思い出が増えました。

    
この夜がホストファミリーと過ごす最後の夜となりました。ゆっくりいろいろな話をしてほしかったのですが、ディズニーランドから帰った時間が遅かったうえに荷造りもしなければいけないので、難しかったかもしれません。

8・9日目(1月11日・1月12日)

早朝にホストファミリーとお別れをして、ベンチュラを後にしました。ロサンゼルス空港、成田空港、そして福岡空港と順調に帰着しました。福岡空港での生徒たちはさすがに疲れていたようですが、表情には充実感もうかがえました。この語学研修旅行で得られた貴重な経験を今後に生かしてほしいと思います。

 

今回の海外語学研修旅行が無事に終了できたのも、多くの方々のご協力があったからです。どうもありがとうございました。

 


 

 

 

 

 

 



 


 

 ホーム
福岡県立嘉穂東高等学校〒820-0003福岡県飯塚市立岩1730-5
Tel:0948-22-0071 Fax:0948-23-8813